エマルジョン燃料装置の選び方

エマルジョン燃料を適切に導入するために

葉

エマルジョン燃料は以前からその存在が知られており、大学など各種機関において研究が進められていました。しかしいくつかの課題があり、普及・実用化に向けては足踏み状態が続いていました。

しかし現在は技術の向上にともない、実稼働が可能な装置も誕生しています。そこで、今後エマルジョン燃料および製造装置の導入を検討される皆様に、パートナーとなるメーカーあるいは販売店を見極めるためのいくつかのポイントをお教えしたいと思います。

理論を説明できること

ビジネスマン

「水を油を混ぜた新しい燃料!」「水が燃える!」というのは不適切な説明です。しかし、その背景には専門的な化学理論があることから、説明を省いてしまう、あるいは理解していないために十分な説明ができない販売者がいます。

エマルジョン燃料および製造装置は理論ありきの製品です。最終的な判断は経営者様の手に委ねられますが、もし不安が残る場合は、専門家である当社にご相談いただければと思います。

夢のような削減効果を謳わないこと

簿記

エマルジョン燃料は、水を混合することで燃料使用量を抑え、燃料費を削減できることが一番の魅力です。世界中どこを探しても、「コスト削減」に興味がない経営者様はいらっしゃらないでしょう。その心理をついて、「燃料費50%削減!」など理論上ありえない数値を提示するケースもあるようです。

詳細な資料を提出できること

メモ

もし販売店などから営業を受けたら、パンフレット的なものではなく、専門家に提出できるクラスの詳細な資料を提出できるかどうかたずねてみましょう。理論上破綻がなく、専門家が見ても適切だと感じられる資料を提出できる販売者は信頼に足るといえます。

実機を見学できる、試運転が行えること

燃料装置

導入検討時には、必ず実機に触れましょう。導入実績がある、サンプルがあるのはもちろん、本格導入を想定した試運転が行えるのが理想的です。

エマルジョン装置開発メーカー 株式会社エーアイティー エマルジョン燃料装置導入NAVI お問い合わせはこちら

エマルジョン燃料について

  • エマルジョン燃料とは
  • エマルジョン燃料のメリット
  • 用語集

AITエマルジョン燃料製造装置

  • 製品紹介
  • 製品の特長
  • コスト削減効果
  • 導入実績

AITエマルジョン燃料製造装置導入のご提案

  • 業種別提案事例
  • お悩みQ&A
  • 高品質と低品質の違い
  • 燃料装置の選び方

AITについて

  • 代表挨拶・スタッフ紹介
  • 研究施設紹介
  • 販売代理店募集